読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたしの向こう

言葉で心を動かしたい 女子大生のブログです

吹いて奏でる楽しさを。

「今までで、一番がんばったことはなんですか?」 そう聞かれたら、わたしは迷わず 「中学3年間の部活です」 って、答えると思う。 昨日は、中学の吹奏楽部のOB・OGジョイントコンサートでした。 開催は今年で7回目。そして、最後のコンサートになりました。…

言葉の森を歩く

作家の宮下奈都さんとピアニストの金子三勇士さん、調律師の中谷哲也さんによる、トーク&コンサートに行ってきました。 その名も『「羊と鋼の森」を歩く』。 ご存知の方も多いかと思いますが、「羊と鋼の森」は、2016年本屋大賞を受賞した小説です。 講演会…

枯れずに咲いて。

ずっと前から、やろうと決めていたことが二つありました。 それを、最近立て続けに行動に移しました。 そのうちの一つが、文章を書く仕事をすること。 「webライター」というなんかかっこいい名前のもとで、アルバイトを始めました。 会社のwebコンテンツに…

いつも旅のなか

エッセイが、好きだ。 特に、日々の営みやよしなしごとを、丁寧に淡々と描いたものが好きだ。 そういうものを、寝る前に2〜3編読むのが至福の時である。しかし今回久しぶりに、そんなもんじゃ読みやめられなくなるエッセイに出逢ってしまった。 図書館で借り…

愛なんて知らない

言葉ってやっぱりいいな〜! と、心が打ち震えるほどに噛みしめながら、最近まいにち生きている。 歌詞とか小説とかコピーとか短歌とか、その形態はさまざまで。そこらじゅうにあふれてる。拾いあつめるのに追いつかなくって、もうもどかしいくらい。笑 穂村…

まんぷくの至福

新年あけましておめでとうございます。 年末からこっちというもの、空腹になるひまもないほどずーっとずうっと、絶え間なく何かを食べ続けていた。 というだけのお話です。 はじまりは12月29日。慌ただしい年の瀬、やっと始まった冬休みを祝福するかのような…

瀬をはやみ。

気がつけば「年の瀬」という言葉がひっきりなしに飛び交う季節になっていた。 なんと信じがたいことに、それすらも慌ただしく過ぎ去ろうとしている。今日は大晦日ですね。 「瀬」とは流れの速い浅瀬の意味であり、年末はそれほど早く時間が過ぎるのだ、とい…

今日という日に、

素敵な映画をみた。 「アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜」 過去にタイムトラベルすることができる主人公のティムが、その能力をつかって繰り広げる、SF恋愛映画である。 と言ってしまえば途端に安っぽく聞こえるのだが、ほんとうにいい映画だった…

図書館のつかいかた

しばらく本を読めていない。 もう体が切実に切実に活字を欲していて、というのはちょっと大げさにしろ、実際かなり渇望していた。というわけで、久しぶりに図書館に行ってきた話です。 いま住んでいる市の貸出期間は2週間、上限は10冊。地元の図書館は2週間…

言葉は心を動かした。

本当はまだ若干活動が残っているのだけれど、区切りとして、先日サークル内で務めている活動長の任期を終えた。 同回生と一回生からは色紙とメッセージカードを、元活動長の先輩からは、名前入りのボールペンとお手紙をいただいた。 手書きのメッセージやお…

ときめきメイクアップ

女の子で良かったなあ、と感じる瞬間。それは、結構な頻度でわたしの元へ訪れる。 ふんわり広がるワンピースや、見ているだけで体温があがるような、素敵なドレス。きらびやかな振袖だって、女の子だけの特権だ。 髪の毛をくるんとカールさせるとテンション…

夢は夢を駈ける

「宇宙兄弟」の作者である漫画家、小山宙哉さんの情熱大陸をみた。 ひたむきに夢を追いかけて実現し、叶えてもなお、上を目指して努力し続けるその姿勢。 『これからも夢を食べて生きていく』 「May Dream」が発売されたときの、aikoの言葉がよみがえる。 夢…

未知、満ちる。

人によって思考回路がぜんぜん違うのっておもしろいな、ってこのごろよく思う。 たとえば、 小さな秘密を打ち明ける。ささいな悩みを相談する。他愛もない話題を振る。 それに対して、別段意識することもなく、ごく自然に返ってきた言葉たち。 そこに、自分…

大切な今

昨日、身をもって実感したこと。 『悩みなんて、人に話せた時点で半分は解決だから』(「強運の持ち主」瀬尾まいこ) だいじょうぶかもしれない。 強がりじゃなく、言い聞かせるわけでもなく、久しぶりにちゃんと心から、そう思えた。 追いつめて思いつめて煮…

未来を拾いに

なんとなく夜更かししちゃうのは、その一日に満足できていないからだ、って前に何かで見たことがある。 どうやらちょっと風邪気味らしい。しかも朝からバイトだから、今すぐにでも寝たほうがいいのはわかっているんだけれども。 答えのないことを考える時間…

ぜんぶ秋のせいだ

「華奢」という言葉への憧れは、多分永遠に続くのだろうと思う。 まず、言葉そのものがすごく可憐でかわいらしい。華奢、きゃしゃ。 薄い肩やほっそりしたウエスト、ちいさな顔に、はかなげな輪郭。ただ「細い」というのとは違う。同性でも思わず守ってあげ…

週末のこと。

おいしいものをたらふく食べて、いっぱい歩いて、素敵なものをたくさん見た話。 昨日。 友達が通う大学の学祭へ行きました。しかしあまりの人の多さに圧倒され、すぐ音を上げる現役大学生。 早々に切り上げて梅田へ。 ずっと行ってみたかったMAX BRENNER! …

ときのあいだ

最近読んだ本の中に、すごく素敵な文章があった。 「やりたいと思ったときが、時間のある時なんだ。そういうのをしなくなったら、時間の奴隷になっちゃうよ。やりたいと思ったときに、ぱっと手を出さないと届かなくなることがあるんだ。」 (「王国 その1 ア…

運命

外に一人でいるとき、無意識に頭の中で文章を組み立てる癖があることに気がついた。 たぶんすごく変だと思う。目に映る景色、感じたこと、見えるはずのない自分の歩く姿なんか。考えて組み立てて、その場限りで消えてゆくものを作り続けている。 もう一つ。 …

うしなう、はじまる

最近読んだ本たち。 「かわいそうだね?」 綿矢りさ「君がいない夜のごはん」 穂村弘「世界から猫が消えたなら」 川村元気「眠れる美女」 川端康成 普段読まない作家を意識して適当に借りてみたのだけれど、わりとどれもおもしろかったので嬉しかった。 特に…

ことのはのちから

たった一行で、人の心は動く。 「誰かの心を動かす」「自分の心が動く」 多分そこには、むつかしい言い回しや秀逸な表現なんか必要ないのだ。 本当に大切なものは、目に見えない。 その意味を、今日改めて実感した気がする。 はい。 新海監督の作品が観たく…

思い出すのは。

昼間の暑さが嘘みたいに涼しい風が香る中を、すり抜けるようにして歩いた。 夜ごと秋が深まってゆく。 思い出す、というよりもっと自発的なもの。考えるより先によみがえるから、その都度はっとさせられてしまう。この季節は特に。断片的な記憶や景色、空気…

本を読む ということと、読書日記

本屋さんよりも、図書館が好きかもしれない。好きというか、より近しいもののように感じるのだ。 図書館は、物心ついた頃からごく自然に日常に組み込まれている存在だった。わたしと同じく本好きな母の影響である。 ずらりと並んだ本の背表紙に目を這わせる…

至福のバターロール

今日、運命の出逢いをした。 タイトルからお察しだろうが、残念ながら色恋沙汰ではない。そう、バターロールである。 場所は、神戸の「ケーニヒスクローネ くまポチ邸」。メイン料理にサラダ、パンバイキング、デザートが付いてそのうえドリンクお代わり自由…

良質なものを身に付けたい ということ

最近、切実に思うことがある。 自己投資にお金をかけたい、とりわけ、良質なものを身に付けたい、ということである。 デザインや流行、それと安さ。これまではだいたいそんな基準で身に付けるものを選んできた。洋服然り、アクセサリー然り、化粧品もまた然…

あなたは夏の幻

嘘みたいな距離で、aikoに逢ってきた。5メートルも離れていなかったと思う。ゆめみたいな30分間だった。 わたしは、aikoのことを偏愛している(それについては話せば長くなるので、またの機会にしっかりと語らせていただく)。今日は、aikoがゲスト出演するラ…

大切な人たちのこと

ここ二日間で、懐かしい人たちとたくさん会った。 再会を心待ちにしていた人から、思いがけず会って話ができた人まで。とても嬉しかった。ずっと変わらない、大切な人たち。 昨日は、中3のときのクラスメイトと。卒業から4年以上経つけれど、今でも頻繁に連…

映画を観る ということ

映画館で映画を観たあと、世界の色が違って見えることがとても多い。見慣れた景色にどきどきしたり、はじめてなのになつかしい気持ちに出逢ったりするのだ。 感情をうまくまとめきれずに、ぼうっとしたまま劇場を出る。すると、たいてい外の世界は嘘みたいに…

ひとりカフェ について

1年ほど前まで、ひとりでおでかけするのがとても苦手だった。 買い物や映画もかならず誰かを誘っていたし、食事をするなんてもっての外。そりゃ時間つぶしにマックくらいは入れたが、おしゃれなカフェで優雅なひととき、なんて到底叶わぬ夢だった。 ひとりが…

食べる ということ

あたたかいものとあまいものは、どうしてこうも人をしあわせにするのだろう。 あついコーヒーが喉をすべり落ちると、すぐさま体じゅうに幸福の波紋が広がってゆく。ふしぎなくらいみちたりた気持ちに覆われ、なんの過不足もないのだ、という無敵の気分に包ま…