読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたしの向こう

言葉で心を動かしたい 女子大生のブログです

思い出すのは。

よしなしごと

 

昼間の暑さが嘘みたいに涼しい風が香る中を、すり抜けるようにして歩いた。

夜ごと秋が深まってゆく。

 

思い出す、というよりもっと自発的なもの。
考えるより先によみがえるから、その都度はっとさせられてしまう。この季節は特に。
断片的な記憶や景色、空気や温度や手ざわりなんか。うまく表現出来ないけど。


それは決まって高校時代のことだ。
高校3年間の秋と冬。

 

久しぶりに袖を通した合服の感触とか
河川敷の優しい夕暮れとか
真っ暗でひんやりした学校の廊下とか
ちいさな町のささやかな夜景とか、

つめたい楽器にくちびるを押し当てる瞬間
メトロノームの音が響く教室
何度もくりかえし練習したフレーズ
人いきれと暖房でむっとした舞台裏、

 

いちばんは、時折香る風の匂い。

 

 


住んでいる場所も、歩いている道も、髪型や服装も、考え方だってあの頃とは違う。

挙げ列ねてみれば変わったことの方が断然多いのに、また同じ季節を生きているような錯覚に陥る瞬間があるのだ。


目に見えるものがどんどん変わっていくからこそ、目に見えないものの変わらなさが際立つのかもしれない。

 


袖を風がすぎるは秋中、そんなことを考えた。
なんて一日。

 

f:id:yukanon15:20161004222047j:image